住宅の記事一覧

人気ブログランキングに参加中。
ポチッと↑をクリックしていただければありがたいです。
応援ありがとうございます。


急に寒くなりましたね。


さすがに、半袖では寒いですね。(笑)


量的金融緩和の解除が決定して、今後、金利の上昇の可能性が出てlきました。


それならば、金利が上がる前に、家を買って住宅ローンを組んでいた方がいいのでしょうか?


そういう話がテレビ等でやっておりますが、やはり安易に住宅ローンは組むべきものではないと思います。


複利の力は味方につけるものであって、敵にまわすと恐ろしいことになります。


やはり、それなりの準備ができている人、お金のコントロールができる人でないと、組むべきではないと思います。


今、頭金ナシで住宅ローンを組むことができます。


しかし私は、やめといた方がいいと思っております。


頭金が、ある、なし、の問題ではなく、頭金を準備できるだけの、お金のコントロール能力が、ある、ない、の問題です。


そのようなお金をコントロールできない人が、今後金利が上がるかもしれないといって、安易に住宅ローンを組まないほうがいいのではないでしょうか?


住宅は、みなさんの夢であるでしょうが、銀行や住宅販売などの業者の夢であることも忘れないでくださいね。


住宅ローンを組むときには石橋を叩いて渡りましょうね。


ただいま、家計シェイプアップの極意を無料プレゼント中です。
詳しくは今すぐこちらをクリック


相場にも人生にも役に立つ相場格言集を、早期リタイア実践会のホームページ一番下に掲載しました。
ぜひ見てくださいね。


『価格.com』で外貨預金を徹底比較!金利は?為替手数料は?

住宅

人気ブログランキングに参加中。
ポチッと↑をクリックしていただければありがたいです。
応援ありがとうございます。


それでは前回の続きです。


金利が上昇して困る人とは?


これはもう皆さんわかりますよね。


そう、借金している人ですね。


特に住宅ローン


その中でも、変動金利や、固定期間選択型で、2年固定、3年固定などの短期固定を選択している人は、要注意ですね。


今後、返済額がアップする可能性がありますよね。


特に短期固定は、借り入れ金利が低くて初めの返済額が少なく、金利優遇キャンペーンなどもしています。


そのため、家計がギリギリでも、これなら返済していけそうね、と勘違いして借りてしまうことがあります。


しかし、金利見直し時期に金利がアップしていたら・・・


今でさえギリギリなのに、その先は・・・


今後、金利が下がる可能性と、上がる可能性、どっちが高いでしょうね。


複利の力を敵に回すときは、よく考えてからにしましょうね。


3月5日(日)松山市開催の、FX(外国為替証拠金取引)では、チャートの分析の仕方や、売買の仕方まで詳しくお話しさせていただきます。
参加者にはたくさん特典もついていますよ。
再受講の方はさらに割引があります。


ただいま、家計シェイプアップの極意を無料プレゼント中です。
詳しくは今すぐこちらをクリック


あなたのクルマおいくらですか? ⇒ 一括査定の『カッチャオ』で無料査定

住宅

応援のワンクリックをお願いします
(人気ブログランキングに参加中)
ありがとうございます。

昨日の続きです。
金利が上昇すると、色々な困ったことが起こるというのをお話ししましたが、今回は特に住宅ローン等の借入金がある人のお話です。

勘の鋭い読者の方は当然分かると思いますが、短期で「固定金利選択型」を選んでいる方は、「返済額」が「金利見直し時」に大きくアップする可能性がある、ということです。

もちろん「変動金利型」で借りている方も要注意ですが、「変動金利型」は「短期プライムレート」に連動する形なので、現在は公定歩合を低く抑えていますので問題ありませんが、今後上昇する可能性は充分あります。

そして、「長期金利(10年国債)」に連動しているのが「固定金利型」です。
2003年から2004年にかけて、0.6%から一気に2%近くまで上昇しました。
たぶん、冷や汗を流された方も多かったのではないでしょうか?

今後、長期金利が「下落」する可能性と、「上昇」する可能性、どっちが大きいでしょうか?
もし、「金利見直し時」に金利が大きく上昇していたら、どうなるでしょう?

銀行のキャンペーンで、3年等の短期の「固定金利選択型」を選んだりしていませんか?
よく「リスク」を理解して、しっかりとした「ライフプラン」を立てて、「住宅ローン」を借りるようにしましょう。

今回の話が少しでも役に立ったという方は、ここをワンクリックお願いします。
(人気ブログランキングに参加中)
ありがとうございます。

ただいま<四国限定>で「無料レポート」プレゼント中!
詳しい内容は、パソコン、携帯電話から
http://www1.quolia.com/issei/
へ、アクセスしてください。
お知り合いの方にも教えてあげてください。

住宅

応援のワンクリック、ここをクリックお願いします
(人気ブログランキングに参加中)
ありがとうございます。

「日本踊り場脱出!」
と騒がれ、日経平均株価もいい感じで上昇しております。
日本株式に投資している人にとっては最高でしょう。

しかし、景気回復することによって日本国がピンチになることもあります。
それは「国債の暴落」

今まで日本株式が低迷していたため、銀行等の投資先が日本国債中心になっていました。
しかし、株式市場が活気付いてくると、
「国債を売って株式を買う」
という動きが出てきます。

今までたくさん買ってきた「日本国債」が売られることによって、保有していたたくさんの国債の価格が下落し、含み損となり「我先に」と売ることにより、さらに価格は下落するでしょう。

「国債が下落するとどうなるの?」

「金利が上昇します。」

「金利が上昇すると何がいけないの?」

金利が上昇すると、日本はただでさえ借金だらけなのに、その金利上昇のため利払いの額が増え、さらにそれを借金で返すことになるでしょう。
その借金(日本国債)の埋め合わせをする方法は、やはり収入(税金)を増やすしかないでしょう。

長期金利(10年国債)が1%上がると消費税も1%アップするといわれています。
さらに、直接私たち国民を脅かす問題も・・・

励ましのワンクリックをお願いします。
(人気ブログランキングに参加中)
ありがとうございます。

ただいま<四国限定>で「無料レポート」プレゼント中!
詳しい内容は、携帯電話から
http://www1.quolia.com/issei/
へ、アクセスしてください。
携帯電話専用です。
お知り合いの方にも教えてあげてください。

住宅

応援のワンクリックをお願いします
(人気ブログランキングに参加中)
ありがとうございます。

8月1日は国税庁から路線価が発表されます。
路線価とは、宅地の面する路線ごとの、その年の1月1日の1㎡当たりの価格のことです。

「この価格、いったい何に使われるの?」

この価格は、相続や贈与を受けたときの土地の価格を評価するときに使われます。
また、この価格は実際の土地の取引価格に近い「公示価格」の約8割となっているため、この価格を1.25倍することで、そう単純ではありませんが、一応の取引価格の目安にもなります。

銀行がお金を貸すときの金額の目安は、銀行によって違いがあると思いますが、路線価に掛け目の0.7、0.8掛け等を使っているみたいです。
金額の目安は他にも評価方法があるみたいですが、銀行によって違うんでしょうね。

今日は早速、今住んでいる所の路線化を見てみました。
「うわぁ~」
案の定下がってました(笑)

励ましのワンクリックをお願いします。
(人気ブログランキングに参加中)
ありがとうございます。

ただいま<四国限定>で「無料レポート」プレゼント中!
詳しい内容は、携帯電話から
http://www1.quolia.com/issei/
へ、アクセスしてください。
携帯電話専用です。
お知り合いの方にも教えてあげてください。

住宅

今日は愛南町の町議選。
どうなったかな?

住宅ローンには「借入期間」と「返済期間」に違いがあること知っていました?
「借入期間」=「返済期間」
ではないみたいなんです。

よく考えると当たり前のことなんですが、あまりそこまで考えないですよね。
基本的には長く借入期間を設定しておくほうが、無理なく返済できるし、借り換えのときも有利に働くみたいですね。

「借入期間」は長く、「返済期間」は短く。

ストレスなく、そうなっていくといいですね。
そのためにも、専門家による家計の見直し・改善をお勧めします。

なんか宣伝みたいになっちゃいました(笑)

起愛塾チラシできました。
スケジュールです。
申し込みです。

只今無料で家計の見直し、改善を行っています。
ご希望の方は
ueda_fp@yahoo.co.jp
までご連絡ください。

住宅