千田琢哉の記事一覧

inzei

印税で1億円稼ぐ 千田琢哉

本を書くというのは最高のアウトプットだと思います。

読み終わりました。

千田琢哉さんの本です。

多くの本を出版している千田琢哉さんですが、やはり、ここまで本を書き続けてこれたのも、しっかりとしたビジネスの戦略をもっていたからだと思います。 「印税で1億円稼ぐ 千田琢哉」の続きを読む »

お奨め本, 千田琢哉

08e23b55a0048a8e6b342f572998903a_s

読み終わりました。

仕事のできる人というのは、
とにかく仕事が速いです。

自分の周りのことを思い返しても、
早い人ばかりです。

仕事の最上のスキルは、
締め切り前日までに仕上げることです。

完璧を目指して、
どれだけいいものを作り上げても、
締め切りを過ぎてしまったら、
価値ゼロのことがほとんどです。

そのために、まずしなければいけないのは、
とりあえず一つでいいから、
たまっている仕事を前倒しして終わらせることです。

一つ前倒しで終わらせることで、
次の仕事も前倒しにできるようになります。

また、前倒しにすることで、
仕事に勢いができます。

どんなことがあっても、
締め切りの前日までに仕上げる
待ち合わせの時間の前に待つ

カンタンで当たり前のことですが、
できていないことが多いです。

1番仕事で重要なことですから、
徹底したいですね。

おすすめの本ですよ。

お奨め本, 千田琢哉

027ef62d9b9aa876cec6a9c3c2e6502b_s

読み終わりました。

能力のある人

できるだけ、そういう人に仕事をお願いすると思います。

しかし、それ以上に仕事をお願いしたいと思う人は
それは、好きな人です。

実際、仕事をお願いするときも
能力や価格よりも
仲のよい人にお願いすることが
多いのではないでしょうか?

できる人より好かれている人に仕事は殺到します。

人に好かれるためには人格を高めていく必要があります。

人を批判している人
そういう人は人格が高いでしょうか?

成功者の多くはいろいろなことで
一般大衆の人から批判されます。

批判され、それを糧にして人格を高めていきます。

批判している人は、人を批判することで
人格を下げていきます。

批判する人とされる人どっちを目指したいでしょうか?

また、人に好かれるためには
見た目も大切です。

感じのいい表情の人は
人格を補ってくれる部分もあるでしょう。

逆に表情が悪い人は
人格がよくても
周りの人から避けられることも
おおくなるでしょう。

感じのいい表情を作るにはどうすればいいのでしょうか?

それは、美しい言葉を発することです。

美しい言葉を発することによって
感じのいい表情を作る筋肉を鍛えることになり
結果、感じのいい表情になっていきます。

また、常に笑顔の練習をしておくことも
いい表情を作る筋肉を鍛えることに
なると思います。

人に好かれるには細かいところにも
気を使うことも重要です。

口臭で相手を不快にさせない
別れ際のお辞儀を深くする
頭髪と靴をきちんと手入れする
「はい」の返事を早くする
提出期限より前倒しで事を進める

など、細かい部分の積み重ねが
人に好かれ人格を高めていくことになるでしょうね。

短時間に読めるおすすめの本ですよ。

お奨め本, 千田琢哉

読み終わりました。

知識でも、人脈でも、仕事でも、全て何かを入れて、自分の中から出していきます。

この、インプットとアウトプットの仕方で、成果が違ってきます。

読書でも、読むだけのインプットでは、なにも生み出すものはないでしょう。

それを実行したり、情報発信したり、本を出したりするアウトプットがあって、初めてインプットしたことの成果が出ます。

また、反対に、少ないインプットでは、質の高いアウトプットをすることは、難しいでしょう。

この本では、著者のインプットとアウトプットの方法を紹介しています。

読書では、

どんどん読んで、どんどん処分していく。
100回繰り返して読める本に出逢うために、たくさんの本を読む。
せっかく読書したのなら、どんどんアウトプットしなければ、もったいない。

などが、あります。

著者は、今、かなり速いペースで、本を出版しています。

それは、莫大な量の読書をしてきたからです。

質の高い1をアウトプットしようと思えば、やはり10のインプットが必要です。

アウトプットの質が低いということは、インプットの量が少ないということでしょうね。

人脈にも、インプットとアウトプットがあります。

名刺を大切に保管して、インプットを大量にしている人がいますが、大切なのは、アクションを起こしてアウトプットすることです。

どんなことでもそうでしょうが、インプットとアウトプットは、バランスが重要です。

そのバランスと、何からインプットするのか、何にアウトプットするのかをしっかり選ぶことが、成果を上げる、その方法ですね。

おすすめの本ですよ。

お奨め本, 千田琢哉

20代のうちに知っておきたい お金のルール38
千田 琢哉
総合法令出版

読み終わりました。

お金持ちの人と、そうでない人の考え方や

行動や習慣についての違いについて書かれている本です。

お金持ちの人は、時間を大切にする人が多いです。

お金より、命ともいえる時間を優先させます。

ですから、お金を払って時間を得たり、

やることと、やらないことをしっかりと決めていたりします。

中谷彰宏さんは、パーティーや合コンに参加しませんし、

ゴルフもしないそうです。

パーティーなども、最初、主催者さんなどに

挨拶だけして、すぐに帰ります。

あまり、関係のない人に嫌われるこおとよりも、

もっと重要な時間の使い方があることを

知っているからです。

大人数の飲み会は、話題が統一されませんし、

ネガティブな話題を持ち込む人も多くなります。

群がってランチしているグループの年収を合計すると、

大体1000万円になるという法則もあります。

つまり、年収の低い人ほど、

多くの人と群がる、ということです。

年収1000万円以上の人は、

自分ひとりの孤独な時間を大切にします。

考える時間、というのがビジネスや人生において、

重要な時間だということを知っているからです。

20代どころか、30代、40代の人も

知っておきたいお金のルールですね。

おすすめです。

20代のうちに知っておきたい お金のルール38
千田 琢哉
総合法令出版

 

お奨め本, 千田琢哉