健康の記事一覧

736d9b62dd4baf6258cc61bcf5297469_s

健康のために有酸素運動をしている人は多いと思います。

しかし、有酸素運動を続けるのは
なかなか大変です。

その原因の一つに
一生懸命やりすぎて
疲れてしまう
やる気が起きなくなってしまう
というのがあります。

しかし、健康のためには
1週間当たり最低2時間以上の
有酸素運動が必要
などというハードルが高いものでした。

しかし、ある研究所で嬉しい発表がありました。

それは、ジョギングは1日5分でも十分。

というものでした。

1日5分でも有酸素運動をしていれば
全くしていない人より長生きした
という研究結果が出ています。

大切なのは、1日5分でも
有酸素運動を続けるということです。

たった1日5分の時間を取れない人は
少ないと思います。

ぜひ、続けてみてください。



健康

IMG_0547

先日ゴーヤジュースの記事を書きました。

ゴーヤは、わずか100グラムで
レモン3個分のビタミンCを含む
夏バテ予防にピッタリの食材です。

しかし、ジュースにしても
まずくて飲みにくいのが
正直なところです。

そこで、美レンジャーでいい記事を見つけました。

「混ぜるだけで苦くない」ゴーヤジュースレシピです。

3つ混ぜるものが紹介されていました。

バナナ
パイナップル
リンゴジュース

です。

ジュースにするとき
私は、白いワタをとりますが
実は白いワタにはビタミンCが
たくさん含まれているそうです。

できるだけ摂取したいけど
まずくて飲むのが苦痛
と思っている人はぜひ試してみてくださいね。



健康

a1640_000384

家事をしていて、急に腰が痛くなったり、ぎっくり腰をおこしている人は多いです。

ウーリスに

家事でぎっくり腰を招くNG動作5つ

が出ていました。

その5つとは

上半身の力だけで荷物を持ちあげる
肩より高い場所の荷物を頻繁に上げ下ろしする
おなかに力を入れずに荷物を持ち上げる
荷物を持ったまま、腰をひねってしまう
自分より極端に背の高い人と一緒に荷物を運んでしまう

です。

どれも、油断しているときに、ぎっくり腰をおこすことがわかります。

予想している以上に、荷物が重いときにぎっくり腰はおこりやすいものです。

荷物を持ち上げるときは、腰を落とし、膝を曲げて、お腹に力を入れて、持ち上げることです。

そして、絶対にやってはいけないのが、背中(下背部)を丸めたまま、荷物を持ち上げることです。

下からバーベルを持ち上げる、デッドリフトというトレーニングがあるのですが、どんなに筋肉隆々のボディビルダーでも、背中(下背部)を丸めて、このトレーニングをすると、必ず腰を痛めます。

重要なのは、背中(下背部)を真っ直ぐにして、そのまま荷物を持ち上げることです。

気をつけてみてくださいね。

もし、ぎっくり腰をおこしたときは、私までご連絡ください。

私、松下一生の整体の予定はこちらをクリック


腰痛改善ストレッチ「福辻式」

腰痛

緑のカーテンでゴーヤを育てている人は多いと思います。

松下整体でも、ゴーヤで緑のカーテンを作っています。

そのゴーヤの実はどうするのか?

IMG_0546

我が家では、ジューサーでジュースにして飲んでいます。

ジューサーで作ったジュースは新鮮で栄養タップリです。

IMG_0547

ジューサーなら、内臓に負担をかけることなく栄養を取ることができますので、朝の時間に取ると効果的です。

ミキサーは多くの家庭にあると思いますが、健康のためにも、ジューサーは一家に一台欲しいですね。

世界各国で販売台数60万台突破!酵素を壊さないクビンスの低速ジューサー



健康

犬を飼っている人は10歳若返ります。

ある研究によりますと、犬を飼っている人は、身体能力などが、そうでない人と比べると10歳近くて、心身ともに健康という結果が出ました。

また、犬の飼い主は、うつ病にもなりにくいそうです。

やはり、犬を飼っている人は、毎日散歩などの運動をして運動量が多く、犬とのふれあいや近所の人とのふれあいが多いというのがいいのでしょうね。

しかし、犬はしっかりとしつけをしていないと、逆にストレスが溜まりますし、近所の人にも迷惑をかけることになりますね。

しっかりとしつけして、元気に犬との生活を楽しみたいですね。



健康

暑い日が続いていますが、どうしても外出しないといけないときもあります。

熱中症に注意しないといけませんが、それと同じくらい注意しないといけないのが紫外線です。

日焼けが酷いと、痛くなったり皮がむけてしまったりもします。

また、シミやシワの原因にも恐いところです。

しかし、全く紫外線を浴びないというのはムリなことです。

そこで、こんなおすすめの記事を見つけました。

「ヤバっ日焼けした!」スグに食べれば安心感UPの日焼け対策食材3つ

重要なのはビタミンA・C・EのビタミンACE(エース)を摂取することです。

シミの原因のメラニンの過剰生成を抑えるビタミンC

皮膚や粘膜の健康増進と抗酸化作用のあるビタミンA

高い抗酸化作用が期待できるビタミンE

この3つが大切です。

これらの3つを多く含む食材を日焼け後に摂取するといいということです。

それが

トマトジュース
キウイフルーツ
アーモンド

です。

どれも安価な食材ですので、常に、家に準備しておいて、外から帰ってきたら摂取しておきたいですね。

トマトを手軽に摂取して、しかも、スリムにキレイになれるのが完熟トマトのホットスムージー ベジホッと
です。

ぜひ、試してみてくださいね。



お奨め商品, 健康

朝起きたとき、突然出現しているニキビ。

顔だけでなく背中などにも出てきて、肌の露出の多い夏などは困りますよね。

ライフビューティーレポートに

意外なコレが犯人だったなんて!ニキビが出来ちゃう夏のNG行動4つ

というのがありました。

NG1枕カバーを変えない
NG2ビタミンB群が不足気味の食生活
NG3化粧水は少なめ
NG4パック、ピーリング、スクラブはしない派

やはり、清潔にしておくことと、保湿と、体の内側からきれいにする栄養が必要ですね。

背中や腕などのニキビには背中ニキビ専用ジェル【Jewel Rain(ジュエルレイン)】

がおすすめでしょう。

しっかりと保湿をしてくれてお肌を健康な状態に保ってくれます。

また、ニキビが治ったあとのケアとして新発想!!ニキビ痕専用導入型化粧水!
もいいのではないでしょうか?

体の中も、外側の肌も健康な状態にして、それを維持していきたいですね。

お奨め商品, 健康

梅雨も明けて、夏本番になってくると気になるのが、ポッコリと突き出たお腹です。

そんなあなたにおすすめのページを見つけました。

ただ飲むだけ!楽して「脂肪がボーボー燃える」お手軽ドリンク5つ

5つの飲み物とは

赤ワイン
ウーロン茶
緑茶
コーヒー
紅茶

です。

脂肪を燃焼させたり、分解したり、吸収を予防したり、代謝をアップしたりというような効果が見られるようです。

しかし、これらは、補助的なものといえるでしょう。

やはり、基本は、食事と運動ですね。

野菜果物中心の食事を心がけて、週3回以上の有酸素運動をすることで、やせることができます。

さらに、それにウエイトトレーニングなどを組み合わせれば、筋肉も付いて、カッコイイ体型にすることができます。

また、筋肉がつくことで、代謝がアップしますので、ダイエットのリバウンドを防ぐこともできます。

私は、有酸素運動に重宝しているのがエアロバイクです。

人気の高いエアロバイクはこちら

雨が降っても室内で運動ができますし、読書しながら運動できるのが本当に嬉しいところです。

エアロバイクおすすめですよ。


お奨め商品, 健康, 肉体改造

先日の「ためしてガッテン」のテーマは炭酸水

http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20130703.html

みなさまが気になる、炭酸の意外な健康効果や、振っても泡を噴き出させない方法、シュワシュワするまか不思議なフルーツなど、炭酸のさまざまな都市伝説を解明してくれている内容です。

炭酸水、これからの季節注目ですね。

今は、炭酸水の種類も、たくさんあるんですね。

驚きました。
⇒ http://bit.ly/167J6Q2

健康

1013885_535956313134136_61523461_n

体は、食べたものから作られます。

何を食べるか?

というのは、非常に重要なことです。

そして、食べる時間も重要です。

夕食は、夕方に食べるから夕食です。

夜の時間に食べているのは、それは、夕食と思っていても、夜食です。

何を食べるか?

いつ食べるか?

気を付けたいですね。

私は、妻が、気をつけてくれていますので、助かっています。

健康