先物取引の記事一覧

みなさま、おはようございます。

先日、松山大学近くのマンションに行ってきました。

毎回行って思うのですが、本当にゴミが落ちていなくて
きれいに使っていただいています。

また、入居されている学生さんにも、
たまたま会ったのですが、
しっかりあいさつをして、礼儀正しい方ばかりです。

本当にこのマンションは、入居者に恵まれているなと
感じました。

本当にありがたいことです。

原油価格は、まだまだ落ち着く様子はありません。

「投機筋が価格を吊り上げているから、投機筋が悪い」

という報道をよく見るようになりました。

しかし、投機をする人が、もし、いなくなってしまったら・・・

先物市場には、実際に商品を仕入れる方や、
生産して打っている方が活用する、実需。

それと、値上がりや、値下がりの思惑で売買する
投機の方がいらっしゃいます。

その割合は、
実需が1,2
投機が8,9
くらいだといわれております。

投機している人が、完全にいなくなってしまったら
取引量の少ない実需同士の売買になるため、
思った価格で、なかなか売買が成立しなかったり
価格が、乱高下したりすることになります。

それこそ、実際にご商売をされている方は
経営が安定せず、困ったことになってしまうわけです。

投機家が悪い存在、と決め付けてしまうのはどうでしょう?

実際、私達は消費者であるため、投機家が悪いと思って
しまうのかもしれませんが、生産者にとっては、非常に
有難い存在になります。

原油は今まで、ドンドン値下がりを続け
低価格で張り付いていました。

その、商品価値に見合った価格がついていない
ことに気が付いて、値上がりしたわけです。

日本の会社や、株式市場も、評価されず
見合った価格がついていないものは、
たくさんあると思います。

日本も、もっとアピールして、原油のように
本当の価値を認識してもらえれば、
たくさん、お金が流れ込んでくる
のでは
ないでしょうか?

今回の原油価格の高騰
一番の問題は、
商品以外に、魅力的な投資先がなかった、
アピールできていなかった
と私は思うのですが、いかがでしょうか?

松山大学までわずか1分
勉強がドンドンはかどり、友達とたのしく住める
賃貸マンション
●ルームシェア可能な3LDK
●1人暮らしの学生さんに最適1K
今なら、ほかの賃貸マンションでは絶対ありえない
豪華特典付、引っ越し代応援キャンペーン中です。
詳しい内容はこちらです → http://www.senju1.com

そのツライ痛み、いつまでガマンし続けますか?
愛媛県愛南町 松下整体のお得な割引チラシは
こちらをクリックして印刷してお持ちください。
             ↓
http://www.senju1.com/20071121

先物取引

松山大学までわずか1分
勉強がドンドンはかどり、友達とたのしく住める
ルームシェア可能な賃貸マンションです。
今なら、ほかの賃貸マンションでは絶対ありえない
豪華特典がついています。
詳しい内容はこちら→ http://www.senju1.com

このサイト限定≪20%増量中!≫やずやの千年ケフィア

みなさま、こんにちは。

先日、熟成やずやの香醋 、ニンニク卵黄で有名な、やずやさんの
セミナーCDを聴きました。

やはり、成功している会社というのは
普通のほかの会社とは、違ったやり方や、
考え方
をしています。

そのなかで、投資にも役立つものがありました。

かなり、有名なお話なので知っている方も
いらっしゃるかもしれません。

ケースA
1 確実に80万円を貰える。
2 85%の確率で100万円貰えるが、
15%の確率で何も得られない。


ケースB
1 確実に80万円損する。
2 85%の確率で100万円損するが、
15%の確率で何も損しない。

みなさまは、ケースA、ケースB、それぞれ1,2の
どちらを選びますか?

通常、多いのが
ケースAの場合は1
ケースBの場合は2
を選ぶ方が多いようです。

しかし、実際計算をしてみるとケースAの場合
これが100回続くと

1は80万×100で8000万円もらえます。
2は100万×100×85%で8500万円もらえます。

つまり、2を選ぶほうが得するわけです。

同じようにケースBも同じように計算すると
1の方が損失が少なくなります。

一般的に、人間は少なくても確実な利益を選び
大きくなる可能性があっても、逃れられるかもしれない
損失
を選びます。

たのしいことは確実にして、苦しいことは
なるべく避けたい心理です。

しかし、そのような行動をとると、投資の世界や
事業ではお金が減っていくことになります。

損切りができないタイプの人です。

今回の暴落では、ケースBの1を選ぶか
2を選ぶかの選択になったと思います。

1のように、しっかり損切りができれば
生き残ったでしょうし、わずかな望みをかけて
損切りせず2のような行動をとった方は
大きな損失を受けてしまったのではないでしょうか?

投機の基本は「損小利大」
この理論そのもの
です。

投機だけではなく、世の中にこのような理論が
当てはまるものはたくさんあるのではないでしょうか?

イギリス人投資家も認めた!【日経225先物編】

先物取引

1日1回の応援ワンクリックをお願いします
(人気ブログランキングに参加中)
ありがとうございます。

それでは前回の続きから

「先物取引や、株式先物市場で、本来先物で保険を掛ける必要がない人が、なぜ大きな役割を果たしているのか?」

これらの人たちを、一般に「投機筋」といいます。
反対に、企業などで保険の役割などのために先物の売買をする人を「実需筋」といいます。

実は「実需筋」だけの売買では、あまりにも注文が少なくて、なかなか思うような値段で売買が成立しない、ということがあるんですね。
先物を「買いたい」と思っても、売る人がいなかったら買えないんです。

そこで登場するのが、先物の売買で儲けようとしている「投機筋」なんですね。
こういう人たちがいるからこそ売買が成立するんですね。

私も「外国為替保証金取引」をしていて、当然海外に行く予定もないし、海外と何か取引をしているわけではありません。
つまり「投機筋」なんですね。

でも、私みたいな人がいなかったらどうなるでしょう?

みなさんが海外旅行に行くとき、海外の通貨を日本円に換えたいと思っている人を、空港などで探して、それから日本円をその人に渡して海外通貨に換えないといけなくなるんですね。
なんとなく分かりました?

「今の経済はたくさんの人の思惑で作られている」

そういうことだと思いませんか?

ちなみに、今の原油高は、
「投機筋が大量に原油を買っているから」
という話しもありますが、実は「投機筋」様様だったのでした。

今回のお話が少しでも役に立ったという方は、ワンクリックをお願いします
(人気ブログランキングに参加中)
ありがとうございます。

缶コーヒーを買って損をする人、これを読んで資産を築いていく人。
たった100円余りのお金の使い方で、大きな違いになります。
詳しくはこちら

先物取引

1日1回のワンクリックをお願いします
(人気ブログランキングに参加中)
ありがとうございます。

それでは前回の続きから

「本当は先物取引は保険商品なのに、なぜ丸裸にされてしまうのか?」

そう、保険商品で儲けようとしているからですね。

「必要以上の保険をかけてしまう」
「保険を掛ける必要がないのに、保険で儲けてやろう」

例えばこんな感じですね。

「保険」って本来は大きな損失を小さくするものなのに、損失以上の保険を掛けようとする。
当然「保険」はタダではありませんので、大きく掛ければ、大きく儲ける可能性もありますが、大きく損をする可能性もあります。
当然ですよね。

これは、先物取引だけではありませんよ。
当然生命保険にもいえることです。

「あなたは、必要以上の先物取引をしていませんか?」

生命保険等は、しっかりとした知識やアドバイスができる人から買ってくださいね。

それでは、生命保険は別にして、

「先物取引で、本来先物取引で保険を掛ける必要がない人が、そのような取引をすることを禁止してはどうか?」

それもいい考えですが、実は、先物取引や、株式市場でもこういう方が大きな役割をしているんですね。

「どういうこと?」

それは次回お話しします。

あの四国の会員のみなさまに配られている、有料版「家計改善レポート」が10月から、有料メールマガジンで見ることができるようになりました。

しかも、月4回配信で月々525円。
配信1回当たり缶コーヒー1本分です。
さらにさらに、1ヶ月目は無料で見ることができます。

つまらなかったら、解除することができますので、とりあえず登録してみてください。
本気で資産を築きたい人はご登録ください。
ご登録、サンプル等はこちら

先物取引

それでは、前回の続きから

では、なぜ先物取引が保険商品なんでしょう?

今原油価格は高騰していますよね。
みなさんもガソリン価格が上がって、たぶん家計に多少なりとも影響があるのではないでしょうか?

でも、もっと大きな影響を受けるところがありますよね。
そう、トラックなどを使う運送業界。

莫大な量の軽油等を使っているので、少しでも値上がりすると業績に大きな影響を与えてしまいます。
本業は荷物を運んで運賃を稼ぐことなのですが、その売上げに関係の無い原油価格に業績が左右されてしまうということが起こってしまいます。

そこで登場するのが、先物取引です。

例えば、ある運送会社の1年間の軽油の使用料が100ℓだったとします。
そしたら、1年後に期限が来る先物で、100ℓ分の軽油を買っておくんですね。

そしたら、たとえ軽油価格が値上がりして、その値上がり分軽油の経費がかかってしまっても、先物も当然値上がりしているので、その儲けで余分にかかった経費を、カバーすることができます。

逆に、値下がりした場合は先物で損はしますが、本業のほうは軽油の値下がり分経費がかからず、儲けが多くなり、先物の損失分をカバーできます。

つまり、本業とは全く関係ない原油価格に、業績を左右されることなく、本業の儲けを増やすことに専念できる、ということなんです。
こういうことを江戸時代から行っていたんですから、日本人って頭いいですよね。

でも、実際は先物で丸裸にされてしまう人が多いんですね。
それはなぜでしょう?

それでは次回またお話しますね。

今回のお話が多少は役に立ちそうだなあ、という方はここをクリックしてください。
(人気ブログランキングに参加中)
ありがとうございます。

あの四国の会員のみなさまに配られている、有料版「家計改善レポート」が10月から、有料メールマガジンで見ることができるようになりました。

しかも、月4回配信で月々525円。
配信1回当たり缶コーヒー1本分です。
さらにさらに、1ヶ月目は無料で見ることができます。

つまらなかったら、解除することができますので、とりあえず登録してみてください。
資産を築きたい人はご登録ください。
ご登録、サンプル等はこちら

先物取引

「先物取引」と聞くと、イヤなイメージを持つ方が多いのではないでしょうか?

確かに、業者の言われるままに買って、大損して丸裸にされた、という話しはよく聞きますよね。

でも、先物って本当は何のためにあるか知っています?
実はこれ「保険」商品なんです。

しかも、この先物取引の基になる取引は、江戸時代に、この日本で米相場から始まったといわれているんですね。

いかに日本人が頭がいいか、というのが分かりますよね。

「でも、この先物がどうして保険商品なの?」

そうそう、それはまた次回お話ししますね。

嫁が入院しているので、さすがに家事もしないといけませんからね。
それではまた明日

応援のワンクリックをお願いします
(人気ブログランキングに参加中)
ありがとうございます。

<四国限定>で無料配布されている「家計改善レポート」がメールで読めちゃうんです。
四国地区以外の方、「住所」「名前」を知られたくない方はご登録ください。
登録はこちら

先物取引

前回の続きです。

「商品市場でどの商品を買えばいいか?」

全部買っちゃいましょう。(笑)

というのも、ここ最近国内で商品指数開発の動きが活発になってきているそうです。
これらは、いろいろな商品を組み合わせて指数化したもの。
株式市場で言えば、「日経225」「日経300」みたいなものでしょうね。

この指数を利用する金融商品も増えてきているそうです。

「今後、この動きで何が変わってくるのか?」

年金運用に活用される可能性が出てきます。
実際、06年度の年金運用配分方針に、配分先の一つに「商品」を組み入れる方向で検討している年金運用機関もあるそうです。

実際投資するかどうかは別にして、この動きを知っているだけでも大きいのではないでしょうか?
私はもちろん行動に移してみるつもりです。

そういう内容は、今後「有料メールマガジン」でお伝えしていくことになると思いますが、まだ申請中でどうなるか分かりませんので、まずは「無料メールマガジン」の登録をお願いします。
登録はこちら

今回の情報が少しでも役に立ったという方はクリックをお願いします。
(人気ブログランキングに参加中)
ありがとうございます。

先物取引

「商品先物」
と聞くと拒否反応を起こす人も多いのではないでしょうか?

たしかに、商品先物は「少ない保証金で大きな取引ができる」というレバレッジがきくため、リスクも非常に多くなります。
また、詐欺まがいの業者も多かったため、拒否反応を起こす人もいるでしょうね。

しかし、その「リスク」というのは、「商品先物」自体にリスクがあるのではなく、その人が「商品先物」の仕組みを理解していなかったり、知識を得ていないことが多かったりするのではないでしょうか?

最近、実は商品先物市場は注目され始めているんですね。

「インフレに強いものはなに?」

それが、「商品」なんですね。
原油価格の上昇によりインフレが進んでいます。
普通の人は、物価が上昇したり、ガソリン価格が上昇したりして、家計は大打撃。

でも、ここで自分の運用資産のなかに、「商品」が入っていれば?
当然「インフレ」に対する保険になりますよね。

「でも、どの商品を買っていいか分からないじゃない?」

そうなんですよね。
でも、でも、最近それを解消する動きが・・・

続きは次回のブログで

少しでも役に立ったという方はワンクリックお願いします。とても励みになっています。
(人気ブログランキングに参加中)
ありがとうございます。

<四国限定>で無料配布されている「家計改善レポート」がメールで読めちゃうんです。
四国地区以外の方、「住所」「名前」を知られたくない方はご登録ください。
登録はこちら

先物取引